Ubuntuで、Brotherプリンターを使ってスキャンできるようにするまで

2021-03-29 10:07:44

Ubuntuでスキャンする必要があったので、やったことまとめ。
Brotherがドライバー配布しているので、
Linuxならどのディストリビューションでもできると思う。

環境

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • Brother DCP-J952N

手順

まずここからドライバーをダウンロードしておく

ソフトウェアダウンロード | DCP-J952N-B/W/ECO | 日本 | ブラザー

スキャナードライバー(Linux)ってところ。64bitの2ファイルと設定ファイル。

次にnmapで自身のプリンターの内部IPアドレスを調べておく。
nmapがなければaptでいれておく。

$ sudo nmap -sn 192.168.1.0/24

(中略)
Nmap scan report for 192.168.1.3
Host is up (0.015s latency).
MAC Address: 00:00:00:00:00:00 (Hon Hai Precision Ind.)

僕のだとこんな感じででる。

では、ドライバーインストール
Brotherのサイトでは、dpkgでいれるコマンドが書いてあるけど、
aptで管理しておきたいのでapt版

# スキャナードライバーのインストール
$ sudo apt install ./brscan4-0.4.9-1.amd64.deb

# スキャンキーツールのインストール
$ sudo apt install ./brscan-skey-0.3.1-1.amd64.deb


# 設定ツールのインストール
$ sudo apt install ./brother-udev-rule-type1-1.0.2-0.all.deb

いれおわったら、設定。
さっき調べたIPアドレスと、プリンターの型番、
あと名前を設定する。
名前はなんでも良さそうなので、わかりやすく、型番と同じで。

# 設定
$ sudo brsaneconfig4 -a name=DCP-J952N model=DCP-J952N ip=192.168.1.3

実際にスキャンするアプリは、
Xsaneを使いたいのでインストール。

# xsaneをインストール
$ sudo apt install xsane

あとはxsaneを起動すれば勝手に探してくれる。

参考

Ubuntu Linux で BROTHER 複合機のスキャナを使う – TURNIP 2