Civilization6の簡易プレイレポ02

2021-02-05 22:58:44

Civilization6つづき

  1. シュメール(ギルガメッシュ)、不死、パンゲア、マップ決闘(99T制覇勝利)
  2. マリ(マンサ・ムーサ)、王子、パンゲア、マップ極小(221T宗教勝利)
  3. 日本(北条時宗)、不死、大陸、マップ極小(29T敗北)
  4. 日本(北条時宗)、不死、大陸、マップ極小(163T敗北)

DLCはGathering Storm(GS)まで入れてる。
最新のNew Frontier Pass(NFP)はまだ様子見。
ゲームスピードはすべて標準。

1. シュメール(ギルガメッシュ)、不死、パンゲア、マップ決闘(99T制覇勝利)

普通にやるのが飽きてきたので、
太古戦争に強いシュメールで、
最速制覇を目指す。
決闘マップなので、不死でもいけるかなと。

とにかく都市建てて戦闘車量産。
自力で2都市目たてた頃にはインカと遭遇。
山岳に囲まれてたらやっかいだなと思う。

蛮族狩りしてたら、1都市国家を従えて、インカから宣戦布告が。
ちょうどいいけど、ちょっとまだ準備が整ってないので、
防衛に励む。
戦闘車がいっぱいいるから、あまり苦もなく撃退。
むしろ都市国家のほうが面倒。

戦力差を広げたところで、2都市もらって和平。
こりゃ勝ちだな。

国力をあげて、都市国家もこっちの味方にしたところで、宣戦布告。
ちなみに、古典は余裕で黄金時代。シュメールだと太古が稼ぎやすい。
インカが兵営と防壁を築いてたので、100ターン前に終わらせることできるかなと思ってたが、
途中で作ったカタパルトがゴリゴリ削って、ギリギリ完了。

結果は99ターンで制覇勝利。時代はあと1ターンで中世に入るところの、古典時代。

序盤戦争だと本当にシュメールは強いな。

2. マリ(マンサ・ムーサ)、王子、パンゲア、マップ極小(221T宗教勝利)

今度は趣向を変えて、宗教勝利を目指す。
高難易度だと創始レースに負けると思ったので、王子で。
だから、正直このときは楽勝だろって思ってた。

文明は、金ですべてを解決するマリ。
生産-30%が強烈だが、王子程度ならAIに負けないはず。
砂漠都市をうまく活かして、聖地の信仰力をあげ、
労働倫理で生産力もあげるつもり。

初期位置は砂漠。何歩か動いたが、そこまで大きい砂漠じゃなさそう。
だけど、近くに自然遺産のハロン湾があった。
とりあえず何ターンもかけられないので、砂漠の真ん中に首都を建てる。
これでどんどん信仰力をだしていくつもり。

基本路線はまず創始で、次に金のために商業ハブ・・・なんだけど、
聖地と社作った後に、開拓者で第二都市だしてたり、
蛮族に襲撃されて社略奪されたりしてたら、
いつの間にか一つの文明が創始しており、しかも残り2つの文明も僕より先に預言者出しそうなペース。
こりゃやばいと思い、祈祷プロジェクト連打でなんとか間に合う。
あぶねー、難易度王子でも油断すると詰む。
宗教はゾロアスター教にした。
勿論証は労働倫理。
この時点ではもう全文明と接触していた。
パンゲアなので、西側から、
日本、クメール、ロシア、マオリの順
てっきり宗教創始できなかったのはマオリだろうなと思っていたら、
むしろ一番乗りで、創始できなかったのはロシアだった。
ただ、位置関係のせいで、ロシアを染めるのはクメールかマオリだろうな。

そこからは、都市出ししながら、聖地作って信仰力を溜めていく。
総督はモクシャ一本。守護聖人とるまでは寄り道しない。

クメールが変なところに都市ねじ込んできて、
いつの間にか忠誠心で都市もらえた。
本当にAIは都市出しおかしいよな。
またマオリが飛び地に都市出してるし。

宗教勝利なので、技術ツリーと社会制度ツリーがそこまで頑張らなくてもいいのは幸い。
ただ、防御力をあげたいので、防壁などはたてておく。

宗教都市国家のエレバンが近くにいたので、
急遽アマニをとって、何とか宗主国の座を奪い取る。
これがあるのとないのとでは難易度が格段に変わる。

ロシアに交易出す方向で探索をすすめ、
信仰力とゴールドをかせぐ方向で内政を進めていく。
外交は関係を保つため、稼いだお金をどんどん貢いでいく。
また、建造物や民間ユニットを買うためにも使う。

これにより、中世終わりで信仰力がターンあたり180ぐらいいったところで、
溜まっていた信仰力で一気に使徒を20体ぐらい作る。
モスク+聖職+モクシャ+エレバン宗主国+福音の旅路で
布教回数5回、自由に選べるレベルアップ2回ついた使徒が30%割引きで買え、
レベルアップは巡礼者を選ぶことで、近くのハロン湾からさらに+3回布教回数が増える。
もう一つは当然論客。
この使徒たちで一気に他宗教を染め上げていく。
1都市ずつちまちま改宗させると非難がとんできて戦争になるので、
相手文明の都市を囲んで、一気に布教していく。
当然相手からは改宗するなという要求が飛んでくるが、
どうせ続けるので、外交的指示30はありがたく頂戴しておく。

他文明の都市半分を染めればいいが、
使徒出されると布教合戦が長引くので、
相手の文明はすべて染め上げる。
最低でも聖地のある都市。

そんな感じで邪魔も入ることなく、
最後マオリの都市半分染めて終わり。

結果は221ターンで宗教勝利。時代はルネサンス。
序盤乗り切ってからは楽勝。

ちなみに、余ったゴールドは外交的指示を買うことで、
緊急事態宣言の改宗非難も否決させることが可能。

難易度低いからかもしれないけど、
マリは楽しいな。
宗教プレイとマッチしてて最高。

3. 日本(北条時宗)、不死、大陸、マップ極小(29T敗北)

これまでの反省点として、
都市出しが下手な点があるので、
そこを改善したくて、内政に注力しないといけない指導者を選びたかった。
時宗は区域ボーナスが乗るから国力を伸ばしたければ区域を集中させなくてはいけないし、
そうすると都市の位置やタイミングは結構気を付けないといけない。
ということで、日本でかつ不死でチャレンジ。

初期立地は海岸沿い。
戦士を何歩か歩かせるとシュメールを発見。
この時点で少し近すぎるなとは思ってた。

開拓者が自然遺産のイキルを発見。
近くに都市を建てる。
近くに蛮族の前哨地ができたので、戦士と投石兵を生産。
できた戦士に探索させてたら、コンゴと遭遇。
こっちも近いな。

で、投石兵を蛮族の前哨地に向かわせたら、すでにシュメールの戦闘車が破壊してた。

投石兵が戻ったところで、シュメールが奇襲戦争。
戦士は遠く、投石兵に守らせても2ターンで陥落。。。
強すぎだよ。。。

結果は29ターンで敗北。当然時代は太古。

シュメールとは仲良くしようと思って、
10ゴールドとか20ゴールドとかあげてたんだけど、流石に少なすぎたかな。
外交関係が全然プラスにならなかったので、思えば最初から攻め込むつもりだったんだろう。

位置が悪かった感もあるけど、国防をおろそかにしすぎた。
投石兵では守れないというのが分かった。

4. 日本(北条時宗)、不死、大陸、マップ極小(163T敗北)

リベンジのつもりで挑んだけど、また敗北。。。
不死むずい。

今回は立地は結構悪くなくて、
ゴールドたくさんもらえる資源あるし、
区域作りやすい平坦な土地(ただし、熱帯雨林)あるし、
あとから見返したら大陸の真ん中らへんだったしで、
かなりスタートは良かった。
早々と3都市を三角形に出し、その真ん中あたりに区域の建設予定ピンも建てたので、
これはいけると思ってた。

しかし、お隣のインカがなかなかパンテオン取らないので、
これは宗教もいけるのか?と欲を出したのが悪かった。
マグナス伐採も手伝って、なんとか創始までこぎつけたのだが、
一安心して他のことやってたら、
先に創始したクリー(これもお隣)に、3都市を改宗させられてしまった。。。。
こうなるともう自身の宗教ユニット作れないから宗教は諦めるはめに。
そのせいで忠誠心に必ず-3がはいる(自身の創始した宗教を信奉していない)から、
暗黒時代入ると忠誠心維持に総督がもっていかれる。
しかもインカに創始させなかったから、インカも一気に染め上げられて、
この大陸はクリーの宗教一色に。。。
完全に創始が裏目にでた。

ただ、あと一国(グルジア)が別大陸でゆくっているはずだから、
宗教はそっちに任せて、科学勝利を目指す。
(つーか、大陸の分かれ方が3対1とかずるいな。。。)

3都市の回りに少しずつ都市をだしていき、
140ターンあたりには14都市まで出して空き地がなくなった。
じゃあ内政頑張っていくかと思った163ターン、
急に画面に敗北って出て終わった。

あー、流石に後一国じゃきつかったか。
こんなことならクリー滅ぼしておくんだったかな。
でも非戦でいきたかったからな。。。

結果は163ターンで敗北。時代はルネサンス。

次こそ必ず!