なん者ひなた丸シリーズは面白い!

2022-05-17 19:49:44

読んだ本一覧のほうに書いていたが、
シリーズだし、別記事に切り出すことにした。
ネタバレありなので、気をつけて。
(このシリーズはネタバレしたところで面白さは損なわないが)

目次

  1. なん者ひなた丸 ねことんの術の巻
  2. なん者ひなた丸 白くもの術の巻
  3. なん者ひなた丸 大ふくろうの術の巻
  4. なん者ひなた丸 火炎もぐらの術の巻
  5. なん者ひなた丸 月光くずしの術の巻
  6. なん者ひなた丸 金とん雲の術の巻
  7. なん者ひなた丸 津波がえしの術の巻
  8. なん者ひなた丸 千鳥がすみの術の巻
  9. なん者ひなた丸 黒潮がくれの術の巻
  10. なん者ひなた丸 空蝉おとしの術の巻
  11. なん者ひなた丸 南蛮づくしの術の巻
  12. なん者ひなた丸 まぼろし衣切りの術の巻
  13. なん者ひなた丸 むささび城封じの術の巻
  14. なん者ひなた丸 ばけねこ鏡わりの術の巻
  15. なん者ひなた丸 まどわし大ねことんの術の巻

なん者ひなた丸 ねことんの術の巻

2022/04/22 読了

子供の本を探していたら、ふと見つけた。
僕が子供の頃、すごく読んでたシリーズの第一作。
なんで忘れていたんだろうと思うほど、このシリーズは好きだった。

久々に読みたいと思い、図書館で借りて、子供に読んであげた。
ウチの子の年齢からすると、字が多くて、まだ早いかなと思ったけど、
言葉の言い回しが面白くて、結構集中して聞いてくれた。

いやー、話の流れは単純なんだけど、やっぱり面白いな。
思い出補正があるのは否定しないけど、
忍者モノの第一作に吸血鬼出すとか、結構勇気がいるチョイスだね。
それでも上手くまとめているあたり、やっぱり著者の斉藤さんはすごいなー。

僕が子供の頃はまだ全巻出てないときだったから、9巻か10巻以降は読んでない気がする。
ということで、今後も全巻図書館で借りて読んでみるつもり。

ちなみにこんなに面白いのに、あまりネットでは面白いって言ってる人が少なく、
僕が見つけたのは下記ページを見つけたから。
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

なん者ひなた丸 白くもの術の巻

2022/05/01 読了

シリーズ2作目
今回は、友達の大いのししのまる丸が出てくる回。
まる丸は今後も結構活躍する。
また、白くもの術も使い勝手が良くて、これもシリーズで何度も出てくる。

その2点の印象が強過ぎて、話は全然覚えていなかった。
久々に読んだら、ああ、こんなクライマックスだったなーって。

ひなた丸は、なん者のくせに結構無理するよなー。
でも、結果的にそれが上手くいくことも多くて、意外に優秀な感じがある。

なん者ひなた丸 大ふくろうの術の巻

2022/05/09 読了

さくら姫!
懐かしいな。そんなのいたねー。

お姫様を護衛するという王道展開。
そのため、話の流れがしっかりしてる。
一度難局を乗り越えてからクライマックスに繋げるところも素直に読めるので、いい感じ。

ただ、大ふくろうの術自体はそこまで驚きはなかった。

どうやら、今回敵として出てきた犬丸が、今後味方として出てくることもあるらしい。

なん者ひなた丸 火炎もぐらの術の巻

(読み中)

なん者ひなた丸 月光くずしの術の巻

(読み中)

なん者ひなた丸 金とん雲の術の巻

なん者ひなた丸 津波がえしの術の巻

なん者ひなた丸 千鳥がすみの術の巻

なん者ひなた丸 黒潮がくれの術の巻

なん者ひなた丸 空蝉おとしの術の巻

なん者ひなた丸 南蛮づくしの術の巻

なん者ひなた丸 まぼろし衣切りの術の巻

なん者ひなた丸 むささび城封じの術の巻

なん者ひなた丸 ばけねこ鏡わりの術の巻

なん者ひなた丸 まどわし大ねことんの術の巻



コメント