自作パズルを作ってみた

2020-05-07 06:35:44

コロナウイルスの影響で、GWだが外に遊びに行けないため、
自宅でできることを色々考えている。

最近ウチの子はパズルにはまっていて、
四六時中、保育園でもらってきたアンパンマンパズルを作っているので、
バリエーションを増やすために、パズルを自作してみた。

計3種、少しずつ作り方を変えている。

実践

まず最初に作ったのは、これ。

puzzle_01

見てのとおり、ただダンボールの切れ端を加工したもの。
A4サイズのダンボール2つを用意し、
片方にパズルにしたいイラストを貼る。
そして、外枠を切り、もう片方のダンボールに貼り付けて、台紙とする。
イラストのほうは画像のように、パズルのピースとしていけば、完成。

カッターで切ったが、結構切り口がギザギザで、工作としてはレベルが低いが、
とりあえず第一弾なので、よしとしよう。

ちなみに、使ったイラストは、ドラえもん。
なので、著作権のためイラストはみせることができないが、ご勘弁を。
ドラえもんが表情豊かに、たくさんいるやつ。
なるべく顔がへんなところで切れないように、一体一体のドラえもんをピースとしていったら、
どの顔がどこらへんになるのか、結構パズルとして難しめになってしまった。

そのせいなのか、それとも出来が悪いからなのか、
息子は一度あそんだきりで、全然遊ぼうとしない。。。
子供って、正直だよね。。。

その次が、これ。

puzzle_02

反省を活かし、題材はアンパンマンw
やっぱり一番好きなものを選ばないとね。
やなせたかしさんの原画がよかったので、
以前パズルにもなっている、燃えるだだんだんというやつにした。

作り方はだいたい同じだが、使ったのはダンボールではなくて、
100円ショップで売っている、のりつきパネルというやつ。
サイズとしてはA3より少し大きいぐらいかな。

半分に切ってA4印刷したイラストを貼って作った。
ダンボールより全然切り口もよくて、
見た目もいいのだけど、
のりつきパネルの中身が発泡スチロールのため、作るときに、
発泡スチロールのかすが出る。

また、パズルとしては、ちょっとピースを細かくしすぎだった。
似た形状のピースができてしまい、
ドラえもんの顔のように判別つくものがないから、難しい。

では、ピースを大きくして、一つ一つを特徴的にしたらどうかなと、
最後は工夫してみた。
材料としてはこれを使った

puzzle_03

パネルのほうではなく、紙のほうがシールになっている。
こっちのほうが扱いやすい。

題材は同じくアンパンマン。
原画の、夕陽のロールパンナ。

夕焼けで、赤めの部分が多いため、
通常なら難しくなってしまうが、
うまいとこピースの形を工夫することで、わかりやすいようにした。

ただ、そのため、カットするラインが曲線が多いので、
カッターできると断面が斜めになりやすい。
これは仕方ないか。

作ってまだ二日だが、一番遊んでくれている。
やっぱり自身で完成することができるのが、
達成感を生むのか、楽しそうにみえる。

パズルを自作するのは楽しいが、
何より子供が嬉しんでくれることが一番嬉しかった。