Groovyインストール MacportからGVMへの乗り換え

2013-06-16 22:41:18

いままで、GroovyはMacPortで管理してきたが、
GVMという、RubyでいうRVMみたいなツールがあるということで、
そちらに乗り換えてみることにした。

GVMはいわゆるバージョン管理ツールで、
Groovyはもちろんのこと、
GradleやGrails、Griffonなど、周辺のフレームワークなどもバージョン管理できる点が特徴。
なによりインストールが簡単。

それでは早速。

■環境

  • Mac OS X 10.7.5
  • bash 4.2.39
  • curlインストール済み
  • MacPortでGroovyとGradleをインストールしている

■Macportで既存のGroovyやGradleをアンインストール

まずはMacPortで使っているGroovyやGradleを確認

$ port installed groovy
The following ports are currently installed:
  groovy @1.8.5_0
  groovy @1.8.6_0(active)

$ port installed gralde
The following ports are currently installed:
  gradle @0.9.2_0
  gradle @1.2_0
  gradle @1.3_0(active)

activeになっているので、先にdeactive

$ sudo port deactivate groovy
--->  Deactivating groovy @1.8.6_0
--->  Cleaning groovy

$ sudo port deactivate gradle
--->  Deactivating gradle @1.3_0
--->  Cleaning gradle

あとはアンインストール
なお、実際は古いバージョンだけアンインストールして、最新版はdeactiveで残しておいた(念のため)

$ sudo port uninstall gradle@0.9.2_0
--->  Uninstalling gradle @0.9.2_0
--->  Cleaning gradle

■GVMのインストール

GVMのインストール curlがあれば一発

$ curl -s get.gvmtool.net | bash

なお、ここでJAVA_HOMEが設定されていなければ、エラーになるので注意
正常なら、GVMのアスキーアートが出てインストール完了となる。

■設定

インストール時に、.bash_rc.bash_profileに、GVMのsource行が追記されているので、
実は特に設定は必要ないが、
僕の環境では.bash_profileから.bash_rcを読み込んでいるので、
.bash_profileにはsourceは必要ない。

よって、.bash_profileから該当行を削除

再度bashログインすればgvmコマンドが使える。

■使ってみる

早速Groovyのインストール
バージョンは現時点の最新版

$ gvm install groovy

途中でこのバージョンをデフォルトにしていいか聞かれるので、yesを選択

インストールの確認

$ groovy --version
Groovy Version: 2.1.5 JVM: 1.7.0_09 Vendor: Oracle Corporation OS: Mac OS X

簡単だね!
では次に、以前のバージョンをインストールしてみる。

$ gvm install groovy 1.8.6

今回はデフォルトにしない。

$ gvm list groovy

で、インストール済みのバージョンや、デフォルトのバージョンを確認できる。
ここには載せないが、たぶん、見たら一発。

ついでにGradleも最新版いれておこう

$ gvm install gradle

■まとめ

超絶便利
皆もGVMにしたらいいよ。
Groovy楽しいなー!

■参考

GVM: Groovy enVironment Manager - uehaj’s blog
GVM by gvmtoolをMacに導入 - MofuMofuFarm
Groovyをbrewからgvmに乗り換えるメモ - 日々常々